WEB STUDIO TOCCI

ホーム >  BLOG > REALFORCE

REALFORCE

2020年09月07日(月)

4年ぶりぐらいにFILCOのメカニカルからREALFORCEに変更。

FILCOのメカニカルがなかなか良かったのと、当初変更予定だったREALFORCE RGBの評判があまり良くなかったので躊躇していたところ、やはり一日中キーを打っていると手が痛くなるので何か対策は出来ないかとREALFORCEにたどり着く。

富山県だとREALFORCEを試せる場所がなかったので(あったらすみません…。)動画や口コミを参考にしてとりあえず、静音モデルは決定。あとは色と荷重。基本的に汚れや経年劣化による黄ばみの様な物は嫌なので黒色が良かったが耐久性の高い昇華印刷だと見えづらいと言う口コミをよく見る。これも実物を見ることが出来れば良いのですが…。それで、いろいろ考えた結果、R2にモデルチェンジしてから(詳細には、いつからか分かりませんが。)は、キートップにレーザー刻印でも耐久性の高いPBTを使用しているとの事と、レーザー刻印でも完全に消えたものは見たことがなかったので黒のレーザー刻印タイプに決定。

荷重については本当に悩んだのですが、有名なPFUでは押下圧45gと言う事で45gに決定。

あと、日本語配列とAPC機能は必要ないとなるとモデルはほぼ決まってくる。
最後にテンキーをどうするか?
テンキーは、あると非常に便利だけどもスペースとマウスまでの距離を考えるとテンキーレスの方が負担は少ない。最悪必要になればテンキーだけ別に用意すれば良いかと考える。ただ、REALFORCEのテンキーを別に買おうと思うと1万前後する。お得感で言えばテンキー付きの方がお得かと考える。(笑)

と、いろいろ悩んでいたところにテンキー付きの上記の条件を全て揃えているR2S-JP4-BKがセールになっていたので購入!

使ってみての感想は、現時点では自分が求めていた打鍵感と打鍵音!たしかに評判が良いのが分かる。とりあえず静音モデルは最高です!
ただ、久々のテンキー付きだと遠く感じてポジションがいまいち決まらない。また、30gがすごく気になったのと、黒の昇華印刷も見てみたいとかいろいろ試してみたくなりました…。これが沼ってやつですか…!?

— 追記—
久々のフルキーボードでマウスの位置が離れてしまい、右肩周りの凝りがひどい…。さすがに買い替えも考えるレベルにきつい。
何か方法を考えなければ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

>